人類滅亡 シナリオ

ガールズワーク

人類滅亡のシナリオは数え切れないほどあると考えられる

地球上にはこれまで数えきれないほどの
生物が生まれ、滅びてきた歴史があります。

人類も生物の一種なのでいつかは終わりが
来るものと考えられます。

にわかには信じがたいことかもしれませんが
それは歴史を見てきてもわかるように
高い確率で起こると言われてます。

具体的に何が原因でそうなるかは
誰にもわかりませんが
いろいろな説を考えることができます。

最も確実かつシンプルかと思われるのが
太陽系の終わりです。

太陽などの恒星は核融合反応によって
熱エネルギーなどを生み出していますが、
その燃料である水素が減ってくると
どんどん膨らんでくることがわかっています。

そのため地球もいずれ金星のような
灼熱地獄と化してしまい、
極限環境生命体でも生き延びることはできません。

いずれは太陽に飲み込まれてしまうのです。

しかしそれは50億年もあとの出来事なので、
それまでに滅びてる可能性のほうが高いです。

気候の変動もそのひとつと考えられます。

地球の温暖化が進むことで台風などが
大きく発達しやすくなるなど、
海に面した地域はますます被害が大きくなります。

また、温暖化とは逆に全球凍結も起こる可能性もあります。

全球凍結とは文字通り地球のほぼ全ての場所が
氷河期に突入してしまい、赤道直下以外の地域は
氷で閉ざされてしまいます。

過去に全球凍結は2度起こっていることがわかっており、
今後も起こる可能性は高いといえます。

温暖化が議論の中心になってる感じですが、
一部からは地球は寒冷化に進んでいると指摘されてます。

あと地球の磁場が逆転する時期になると
地場が弱くなるので太陽風が多く注ぎこむようになり、
宇宙線の影響も無視できなくなります。

すると皮膚がんを発症する人がかなり増えると予想されます。

未知の病原菌が出現して地球規模でパンデミックが起こり、
昔起きたスペイン風邪以上の惨事も起こる可能性はあります。

ウィルスは進化が非常に早い存在なので、
科学が追いつくかどうかは全くの未知数です。

そして人間同士の汚らしい争いも考えられます。

映画のネタでたまに出てきますが核戦争が起こって
自分たちの手で社会を消し去ってしまうということも、
昨今の情勢を見るとありえなくはないわけです。

ということで50億年が経つ前に
人間は滅びてる可能性は大いにあるのです。

ノストラダムスが1999年の7の月に
恐怖の大王が降りてくると予言していましたが、
それはもっとあとの話かもしれません。

マヤの予言も実は2020年だったなどと
解釈がいろいろ分かれていることから、
これからもいろんなことが起きそうです。